読み書き引きこもり

書く練習をかねて。

散髪が苦手な人には、1000円カットのQBハウスのアプリが効果的

QBハウスのウェブサイト(キャプ画)

散髪、苦手やぁーって人、多いですよね。
話しかけられるとどう返していいやら。
そもそも髪型って、よーわからんし…。

お金払ってるの、こっちなのに、なんか気ぃ使っちゃう。
言いたいことを我慢してしまう。

正に自分のことなんですが、最近QBハウスのアプリに助けられてます。
どんなものか、ちょっと紹介してみますね。
まずは、お店のことについてから。

誰でも10分なら耐えられる

QBハウスは、一律10分1,000円(税別)をウリにしてる、全国展開中のチェーン店です。
駅の構内やちょっと出たあたり、それからショッピングモールなんかでも見かけます。
散髪業界の革命児として注目されてます。
創業20年ちょっとの若い会社です。

たぶん10分では終わりませんが、でも普通よりはかなり短め。
きょどってしまっても、ダメージは小さくて済みます。

http://www.qbhouse.co.jp/

落ち着けるとこにしよう

駅構内だと狭いし、時間帯によっては利用客が多いんで落ち着きません。
忙しそうにしてる美容師さんを見ると、つい遠慮してしまうし。
少しゆったりできそうな場所にある店がいいですね。

僕はここ数年、大阪・天王寺の「ヴィアあべのウォーク店」を利用してます。
いつも人で賑わってるキューズモールと一体化してる建物にあります。
このチェーンとしては大き目の店舗。
タイミングがよければ待ち時間なしでやってもらえます。

どの店もですが指名はできません。
順番です。
でも、この人うまいなぁ~、喋りやすいなぁ、という人にけっこう当たります。

スマホアプリでリクエスト

QBハウスは他の格安散髪屋に比べると、わりあいどうして欲しいかいいやすい雰囲気があります。
スピードをウリにしてるのに不思議なんですが。
だからこそ、大阪に進出してきて早いうちから、たびたび利用してきました。

ここにきて、強力なアイテムが加わりました。
自社開発のスマホアプリ「カットカルテ」です。

元々そこに載せてある髪型を選ぶのも、どこかで拾ってきた画像を載せてこれがいいとお願いするのもOK。
美容師さんいわく、基本的には、ハサミとバリカンだけで出来るものならなんでも。

この頭じゃ短すぎるとか、物理的に無理って言われるときもありますが。
そのときは、代わりに提案してもらえます。
とにかく画像があるので意思疎通が楽。
少し複雑なものはそれなりに時間をかけてもらえます。

スゴイと思いませんか?
1000円カットで。
スタイルブックを見せて、これやってと言うのとかわりません。
しかも、自社のだから嫌がられる心配ないし。
センスない、お金ない、コミュ障の自分にはピッタリ。
だったらいいなを実現してくれてます。