読み書き引きこもり

書く練習をかねて。

いま売っているABCマート限定モデルのNIKEフリーラン。ナイキ直営のアウトレット店の方が安いだなんて

年の瀬に、鶴見のアウトレットモールに行ったときのことです。

なんと、12月の初めに心斎橋のABCマートで買った、新製品のABCマート限定モデルのランニングシューズが、ナイキ クリアランスストアにあ~るじゃないですか!!
しかも、6,990円で、ちょうど1,000円安いんです。


つまり、こういうことです。

【ABCマート 心斎橋店】
普段8,990円→期間限定7,990円

【ABCマート 通販サイト】
ナイキ FREE RUN+ 3
(510642 SM12 ABC-MART限定 006C.GRY/R.SIL/RED 26)

定価 : 11,550円
販売価格 : 7,990円
在庫あり : 26、26.5、27、27.5、28cm

【三井アウトレットパーク 大阪鶴見】
販売価格 : 6,990円
赤と黄色が数足づつ

※後日、店とサイトを再訪問したところ、違う色が入れ替わりで安くなっていました。



どういうことなのでしょう?

思い当たるふしがあります。
2度も不良品にあたったのです。

走ってみてすぐに左足の小指のあたりに何か板状のものが敷いてあるようで、堅くて走りにくいことが判明。
痛くて数百メートルしか走れません。
右足にはそんな違和感はありません。
ためし履きで、歩いたり、ステップを踏んだりしたのですが、特に体重をかけたわけではないため気づきませんでした。
クッションのおかげか、歩くだけならそう感じないのですが、走るとしっかり感じるというものです。

※ナイキフリーシリーズは、靴底が特殊で、グニャリと曲がるほど柔らかくクッションが薄いです。製造工程で付いたちょっとした凹凸でも拾ってしまうのかもしれません。

それで交換に行ったのですが、あいにくサイズ切れ。
別の色でもよかったのですが、無料で送るというのでお願いしたら、早々に届いたものの、またもやおかしい。
今度は、スウッシュ(ナイキのロゴ)に接着剤の跡がついているし、透明のメッシュ状の部分の縫製が弛んでおりみっともないのです。

別に分けてあった不良品を誤って送ったのでしょうが、電話ではなかなか信じてもらえず残念。
都合、3度も売り場で対応してくださった女性店員さんは、とても感じがよかったのですが。



そんなこんなで面倒な目にあったのですが、アウトレット店のはこういう不良品(アウトレットではB品と呼ぶ)の可能性がまず考えられます。
(他に、売れ行きが芳しくないためアウトレットに回ってきたとか、客寄せの目玉商品にされているなどが考えられますが、何分、新製品なので。)

アウトレットなら、スウッシュがちょっとへんぐらいなら買い。
でも、ランニングをする僕にとって、走るのに支障があるようでは無理です。

ナイキの場合、おかしければ、おかしい箇所を書いてくれていますが、こういうのは管理ミスがでるものです。

ABCマートでは、不良品の交換に一か月間の猶予がありますが、アウトレット店では後で不良品と知っても、交換も返品も受け付けていません。
だから、アウトレット店で買うときほど、ためし履きが命です。

今回の経験から、軽く歩いてみるだけではなく、いろんな具合に体重がかかるように、片足やつま先で立ってみたり、その場で激しく足踏みしてみるとよいことに気づきました。

不良品にあたることは稀ですが、フィット感の失敗はときどきあります。
いままでは、売り物だからと、遠慮しすぎていたように思います。