読み書き引きこもり

書く練習をかねて。

自分は細くて貧弱で、ファッションのことが分からないというコンプレックスから抜け出せなくて。結局着なかったおしゃれコート


UNITED ARROWS - BLUE LABEL、遊び心のある春秋ハーフコート。
2013年頃に、キングファミリー 東大阪で買いました。
1,500円ほどだったと思います。
もとは、安くて2万、高くて3万5千円でしょう。

スタイリッシュなデザイン、まだまだおしゃれ着としてきられる状態、相場からしてめっちゃ安い。
三拍子そろってたので気に入りました。
ただ、172cmで細身の僕からしたら、ちょっと大きいのが玉にきず。
迷いに迷って、まぁいっかと思って財布の紐を緩めました。

こういうのって、結局、着ないもんですね。
迷いは払拭されず、続きました。

言うほど大きくはないんです。
ほんとに、着こなしでどうにかなるぐらい。
でも気持ちがしっくりこない。
どうも、袖が余ってしまうのがね…。

ざっくり手首の上まで折ってしまえば、カジュアルで軽快な雰囲気を演出できます。
コートによっては、そうしてしまうと貧乏くさくなりがちなところ、これは大丈夫なんで。

そうわかっちゃいるけど、それでもすっきり着たいという思いが強い。
なんせ、ずっとだぶだぶを着てて、何がおかしいのか分からずに不満に思ってきたので。
知識はついてきても、コンプレックスはまだ払拭しきれてないんです。

関連記事:
なぜ、僕は「500円からはじめた、いけてない中年男のファッション日記」を始めたのか?


年に何回着ることやら。
箪笥の肥やしになってました。
どうせ、この先も着ないだろうから、ヤフオクに出品。
送料込みで2,490円で買ってもらえました。
もうちょっと高くてもいいなと思うのですが、売ると決めたらさっさと売れてほしいのでお安くした次第です。



デザインの特徴は三点。

①首元、襟をボタンで留められます
襟は、左右を交差する形になり、これをすると服の表情が大きく変わります。
ただし、首が太いと留まりません。
首が細い人でも、タートルネックを着ると留まらないでしょう。


②ポケットの端と袖口に、細いロープ状の飾りがあります
これのおかげでカジュアルな印象です。
写真では分かりにくいですが、ちょっと擦れてます。
もとはぜんぜん擦れてなかったかもしれませんが、うまい具合にストーンウォッシュ加工したような感じ。
これ、いいなと思います。


③身頃裏はグレーのストライプ
袖の裏まで全部ストライプです。
これのおかげで軽くて上品な印象。
茶色だけど、春でも使えるアイテムになってます。


サイズはSですが、M寄りですね。
細身だと、身幅がちょっと余ります。
着丈はこんなもん。


ちょこちょこ擦れや色落ちがありますが、全体的にまだまだ光沢や張りがあります。
もう少し傷んできても、味が出ていいように思います。
ほんとに、もうワンサイズ小さければなぁ。
普段使いによかったんですが。


なお、ブルーレーベルは、ユナイテッドアローズのセカンドライン。
ビューティ&ユースの前身です。

関連記事:
激安古着屋。キングファミリー東大阪店 VS 寝屋川店。近大効果で東大阪店の勝ち?
一着500円まで。キングファミリーで掘り出し物を探す