読み書き引きこもり

書く練習をかねて。

女は遊んでても稼げる出会い系。メルレ、キャッシュバッカー

自分+お金を想像する女のイラスト

男は取られっぱなしの出会い系だが、女は遊んでて稼げる。
知らぬは男だけ。

キャッシュバッカー

出会い系サイトは女を集めてナンボ。
女を集めないと男が寄ってこない。
そこで、女を利用料無料にする上に、やればやるほど小遣いになる仕組みにしてある。
キャッシュバックという。
ハッピーとか、マックスとか、Yのつく人気サイトは皆そう。

微々たるもんだけど。
買い物して100円につき1ポイントついてくるみたいな感覚だが、利率はもうちょっといい。
これで現金や電子マネーにできたり、景品がもらえたりする。

業者はこういう特典があることを表面上は見せないもんだ。
女には会員登録のあとに、ログイン画面上ではじめて知らせる。
男にはまったく知らせない。

これ目当てに、セコセコ送受信を繰り返す女がいる。
こういう人らをキャッシュバッカーと呼ぶ。

キャッシュバックで女を積極的に誘って会員登録させようとするアフィリエイターがいる。
女性会員一人につき1,500円や2,000円といった額が報酬として支払われるんで、なんとしても入れたいわけだ。
でも、キャッシュバック目的メインで入ってこられたり、行き過ぎた宣伝が多くなると男性ユーザー離れになってしまう。
純粋に楽しんでくれる女がたくさん欲しいんだな。
だから、業者はキャッシュバックでプッシュする場合は成果報酬の対象外と予防線をはっている。

メルレ

メルレなどを募集している会社のキャプ画

こっちは内職。
要はサクラなんだけど事務所に集まらずに、個々人が自分の端末を使ってやるのがメールレディー。
通称メルレ。

フジヤコーポレーションは、メルレ、テレホンレディー、チャットレディーを募集している。
何をやる仕事か書いてある。

「メールレディとはいわゆる出会い系サイトで男性とメールのやり取りをしていただくお仕事です。普通に登録した女性と同じように、掲示板を見てメールの送信をしたり、受信したメールに返信したり、掲示板に書き込んだりしていただきます。」

一見、健全だな。

報酬は、1通につき25円が基本。
時間あたり60通送ると時給1,500円になるという。
それは机上の計算であっても、20通で500円。
1日2時間で1,000円稼ぐとして、月の給与は数万円。

通常のサクラより割安だが、24時間好きなときにどこからでもやれる。
ノルマがないから、不器用過ぎてすぐ解雇される心配がない。
職場の人間関係に悩まずにも済むし。
マイペースでやれる内職と考えれば悪くない。
週払いもいいじゃないか。

しかも、気に入った男に当たれば会いにいくことも出来る。
正体を明かしたところで男は怒りはしない。
むしろ、メルレを落とせたと自信に思うだろう。
なんて楽勝な詐欺だ。

アルバイトのから騒ぎ♪(2)は、雇ってるメルレに向けたマニュアルのようだ。

メルレの会社のマニュアル。ウェブサイトのキャプ画

人物キャラクター作成のコツや、メールの書き方、給与体系などが事細かく書いてある。
誰でもみられる状態なんだが、いいんだろうか。

仕事である、楽しく稼ぎましょう、がんばれば報われますよという前向きなニュアンス。
騙される男が悪いんだとまでは言ってないが、後ろめたさをなるだけ感じずに済むような書きっぷり。
まったく、ものは言いようだ。