読み書き引きこもり

書く練習をかねて。

縮みをしっかり治すには? SHIPSのセーターが洗濯失敗で900円だったので(古着/転売)

SHIPSの紺色の秋冬セーター

いっとき、ヤフオク、やってました。
趣味と実益を兼ねて。

古着屋で物色してたら…。

縮んでなきゃAランク

定価15,000~22,000円ぐらい

シップスのメインラインのセーター(ニット)。
わりと最近のもの。
定価15,000~22,000円ぐらい。
すごく状態がいいのに900円也。

SHIPSの紺色の秋冬セーター・背中のタグ

やったーーーーーー(*´▽`*)!!
これ、いい、売らぁない。

でも、帰って着てみたところ。
な、なんかおかしい。

ちっちぇぇぇぇぇ~~~~~(;´Д`A ```

悲劇。
ふだんは必ず試着するのに。
閉店前で時間がなかったもんだから。

ピッチピチ

メンズのMがレディースのSになったみたい。

ムリ!!
いくら自分が細くても。

SHIPSの紺色の秋冬セーター・後ろ姿

172cmの自分からすると縦はちょうどいいのに、横が酷い。
ボタンを締めるとピッチピチ。
袖丈はぴったりなのに、袖幅はピッチピチ。
普通体系の男なら袖を通すことすら難しいレベル。

洗濯で失敗して縮んで硬くなったみたい。
こういう状態を、フエルト化というそうです。
縦横の縮み具合の差は編み方によるんでしょう。

SHIPSの紺色の秋冬セーター・タグ

縮んでること以外はAランクなのに。

一目みて、生地のよさが分かります。
あたたかくて肌触りよし。
深い紺色がきれい。
グレーのラインがアクセントになってます。
よく光る貝ボタンが高級感をかもしだしてます。
着る人を選ばず、合わせやすそう。

ラベルには「毛 100%」とあります。
動物由来の毛としかわかりませんが、安物を使ってるとは思えません。

SHIPSの紺色の秋冬セーター・貝ボタンのアップ

状態はとてもいいです。
色落ち、使用感はなし。
毛玉はほとんどなし。

横さえなんとか修正できれば。

どうしよう。

このまま自分が着る?
直して自分が着る?
このまま売る?
直して売る?

直すのは簡単?

トリートメントで復元できる

一部のクリーニング屋さんでお願いできます。
でも、費用をまったくかけずに、家にあるもので復元できる方法があるそうで。
プロが専用の洗剤や柔軟剤を使うところ、トリートメントで代用できるんですと。

  1. お湯か水に、髪の毛用のトリートメントを適量入れて、そこに漬ける。
  2. 洗濯機で軽く脱水する。
  3. 厚紙を中に入れて干す。

ワンプッシュで1~2時間

でも、どれぐらいの量を入れるか、時間に漬けるかは、書き手によってバラバラで良く分かりません。

こちらは、本職のクリーニング屋さんが書いてるので信用できそう。
ワンプッシュで1~2時間つけ込めって。
アイロンでひと手間かけると、さらにうまくいくみたいです。

curasutas.jp

アメジメチコンが入っているかどうか

トリートメントといっても、すべてのトリートメントを指すのではなく、アモジメチコンという成分が入ってるかどうか。
縮んでしまったセーターには、このシリコンの一種が有効だとか。
キューティクルをコーティングする働きがあるんで。

髪の毛の表面はキューティクルという膜でおおわれてますが、動物の毛糸も同じです。
ウール(羊)でも、カシミア(ヤギ)でも。

縮みや絡みは、キューティクルが傷ついて開いて(めくれて)しまったことで起こります。
油のような性質のアモジメコンは、キューティクルを覆って、解きほぐしてくれます。

news.mynavi.jp

人間用が動物由来の繊維に効くわけ

羊の毛、カシミアの毛、人間の毛――どれも哺乳類の毛です。
表面を電子顕微鏡でみると。

カシミアとはなにか、説明の画面キャプチャ

羊毛、カシミア、アンゴラ(うさぎ)、アルパカ・・・ケケン試験認証センター
http://www.jwif.org/cashmere/cashmere.html
ヒト、三人を比較・・・知って安心!知るって楽しい! シルラボ ブログ (日立化成)
http://slab.hitachi-chem-ts.co.jp/blog/?p=1316

おぉ!似てます。
どれも、うろこ状のキューティクルが見えます。
じゃ、他の繊維はどうでしょう。

シルク、化学繊維のレーヨンとルナセル(クラボウの新繊維)・・・クラボウインターナショナル
http://www.kurabo-inter.co.jp/products/lunasel.html

あれま、スベスベで凹凸がありません。
植物繊維の綿は形状からして、ぜんぜん違います。

綿・・・ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%A8%E7%B6%BF

動物の毛でも人間様用が効くのは、ご覧の通り似てるからです。
縮んだ綿や化学繊維のセーターだと、アモジメチコンは効きません。

アマゾンで簡単に探せる

アマゾンで、アモジメチコン配合のトリートメントを検索したら230弱ありました。
個々の商品ページに成分が記載されてるため、検索窓でただ「トリートメント アモジメチコン」と打つだけで出ます。

アマゾンの検索結果「トリートメント アモジメチコン」。画面キャプチャ

ベストセラー1位は、ラックス プレミアム ボタニフィーク ダメージリペア サシェセット 10g+10g
シャンプーとトリートメントセットで91円。
しかも、10ポイント付くって、どんだけ安いねんw
それとも、そんなもの?

ラックス プレミアム ボタニフィーク ダメージリペア サシェセット  10g+10g

なぜ、リンスじゃダメなのか

ところで、使うのは、リンスでもコンディショナーでもよさそうですが…。

化粧品処方開発者向けの、Cosmetic-Info.jpというデータベースを見ると、リンスと名の付く製品でアモジメチコンが入ってるものは、762品中、わずか4件しかありません。
こりゃ、リンスはダメです。
でも、コンディショナーとトリートメントは、それぞれ百件以上あります。(2017/9/30現在)
http://www.cosmetic-info.jp/jcln/detail.php?id=298

アドバイスしてくれるサイトは、なぜか根拠も示さずトリートメントばかり勧めてますが、アモジメチコンが入ってるならコンディショナーでも構わないはずです。
むしろ、成分表に書かれてる順番の方が大事でしょう。
おそらく、少ないより多い方がいいでしょうから、なるだけ前の方に記載されてるトリートメントなりコンディショナーを選ぶとよいと思います。

メーカーや商品によって、二つは大して違わなかったりします。
本来は、トリートメントが髪の毛の内側に栄養を入れ、コンディショナーはリンスと同じく表面をコーティングする働きでした。
でも、トリートメントの働きも兼ねるコンディショナーが増え、両者の境はあいまいなものとなってます。

ちなみに、ジメチコンなるものもありますが、これは別物です。
アモジメチコンは、ヘアコンディショニング剤。
こっちは、消泡剤、皮膚保護剤、閉塞剤。
ヘアケア製品のほかに、ファンデーション、美容液、口紅などさまざまな化粧品に広く使われてます。
http://www.cosmetic-info.jp/jcln/detail.php?id=2547

プロ・ウォッシュなら、さらに強力

こんなとき洗濯好きの素人さんブログは、しばしばプロ・ウォッシュというプロ用に開発された洗剤を勧めてます。
アフィリエイトでw
クリーニング屋さんが、ドライクリーニングでは落ちない汚れを、これで水洗いするんだとか。
(ちなみに、ドライクリーニングとは何かは、コトバンクの解説が分かりやすいです)

プロ・ウォッシュ

これに漬けると、トリートメントよりも効果があるそうです。
楽天でよく売れてるみたいです。

sentaku-shiminuki.co

プロ・ウォッシュ vs クリーニング

う~ん、わるくはないけど、それを買うなら、クリーニング屋さんに直接お願いする方が確実。
1リットル2,500円もするんだから。
クリーニング代と同じ。

例えば、ここ。
ウール100%のトゥモローランドのパンツを2,000円(税別)で修正と、写真付き記事。

www.shiminukiya.jp

悲劇は二度訪れた

オークファンでとったヤフオクの記録

もったいなくて、次の持ち主に委ねることにしました

さて、知った上でどうするか。

本当に自分でやってうまくいくのか?
クリーニング代、数千円を出す気があるか?
ちょうどよい状態に調整できるとは思えなくないか?

クリーニング屋さんにお願いすれば、風合いや質感を考慮しつつ、伸ばしてもらえるでしょう。
でも、そのためには、こちらから着丈を何センチ伸ばすとか指示を出したり、見本になるセーターを見てもらわないと。
たとえ、メーカーに元の寸法を教えてもらって、その通りにやってもらえたとしても似合うかどうか。
Mだと僕には大きそうなんですよね。

www.e-siminuki.net

どうせ900円だし、いいチャンスだから試してみるのもよしだけど、元々いいセーターなのです。
無駄になったらもったいないじゃないですか。

結局、どうするかは次の持ち主に委ねることにしました。

まさかの結果

さて、1円スタートのオークションにして、いったい幾らで売れたでしょう!

送料込みで110円!!

入札数はたったの4。
きっちりPRしたのに。
あまりの安さに、落札者さんが気を遣ってくださったぐらいです。

商売って、難しいですねぇ。