読み書き引きこもり

書く練習をかねて。

痩せオヤジが古着屋でレディースに挑戦。ユニセックスなキレカジシャツ

クロロシスターのシャツ(正面)

胸板がなくて、172cmほどしかない自分は、レディースも購入対象と考えます。
なんせ、Lがジャストフィットで着れるんですから。
デザインが気に入れば抵抗ありません。

もっとも、新品はね…。
女連れでないと。
ユニクロ、GUの大型店ならまだしも、雰囲気に押されてしまいます。

その点、古着屋は気楽。
一人で行っても、まぁまぁ大丈夫。
「セドリか」と、勘違いしてもらえますから。
メンズと混ぜちゃえば試着し放題w

さて、この一品、今春に、セカンドストリート  奈良法華寺店で購入。
定価8千~1万円ちょっとの品ですが、新品同様で1,300円でした。

chloro sister(クロロシスター)のチェックシャツ。
国内生産にこだわったモノづくりをしてる大阪のアパレルメーカー、サードシックスのブランド。
ちょっとひねりの利いた、カジュアルでかわいい服が多いです。

これなんかもそう。
どうでしょう、この凝ったつくり。
ボーダーは、まるでペンキを塗ったような質感です。
胸ポケットと、背中全面にあります。

クロロシスターのシャツ(後ろ)

クロロシスターのシャツ(胸ポケット)

僕は、洗濯タグを見るまで、これが発泡プリントと思い込んでました。
触って、着たにもかかわらず。

発砲プリントとは、Tシャツの絵柄によく使われる、立体感のある丸みをおびたあれです。
ゴムか発泡剤でできてます。

そうじゃなくて、ポリエステルと綿の糸で織ってあることに驚きました。
特にかすれ具合は、ほんとによく作ってあります。
これだと、低温で乾燥機にかけれらるから、しまった!という失敗がなさそう。

クロロシスターのシャツ(表示タグ)

他にもいろいろ凝ってて、衿や肩の内側には花柄プリント、第一ボタンには貝殻の表側、カフスボタンには光る素材を使用。
シャレてます。
縫製や生地がもうワンランク上だったら高級感が出てくるのですが。
価格との兼ね合いでしょうか。

クロロシスターのシャツ(手首)

これ、男でも年齢問わず、きれいめカジュアルとしていけるはず。
デニムパンツと相性は抜群。
紺でも青でも黒でも、ダメージでもワンウォッシュでも。
カーキ、赤、白のチノパンなら、派手目に演出できますね。
違和感ありません。

36(M)サイズなんですが、無印良品のXSをジャストサイズで着る僕にはちょうどいい。
レディースのMは、いつもは肩が張って着れませんが、大き目の作りです。

気になる点は、心持ち袖が短いところ。
ちょっとですよ、そのままでもいいし、まくって着れば問題なし。
あと、レディース使用のボタンは慣れないので手間取りますが、これはしょうがない。
それぐらいです。

クロロシスターのシャツ(首もとアップ)