読み書き引きこもり

書く練習をかねて。

ファッションは3色が基本だけど、カジュアルで比率まで考える?!

ファッションの基本、配色の比率を示した円グラフ

メンズカジュアルの初心者向けの本から。
色の組み合わせ方のアドバイス。
ホントぉ?

説明になってない、お手本コーデ

・色数は三色に抑える。
・ベースカラー・・・主役の色。70%。
・アソートカラー・・・asort(釣り合う)。ベースカラーの同系色。25%。
・アクセントカラー・・・全体を引き立てる色。5%。

ほう…。

こちらは、お手本コーディネート。

紺のセーターに合うコーディネート、2例

たしかに3色に抑えてますね。
でも、そんな配色でも比率でもありません。
いちゃもんつけるために、わざわざ選んだページではなく、だいたいどのページもこういう感じなんです。

編集者は作ってるさいちゅうに、説明がバラバラだと気付かないわけがない。
こんなの読むだけ混乱します。

はい、この本です↓

MonoMax特別編集 大人の着こなし簡単ルール 2013 Spring/Summer (e-MOOK)

宝島社 (2013-03-19)
売り上げランキング: 752,653

応用がきく簡単な考えかた

アドバイス通りのコーデ、探そうと思うと意外と見つかりません。
スーツならお馴染みなんですが。

ビームス・グリーンレーベルリラクシングの紺のビジネススーツ

green label relaxing/ビームス

あるいは、こういうベーシックな装いとか。

無印良品、メンズコーデ。春夏。同系色のセーター、シャツ、ジーパン

無印良品

3色に抑えるのは基本。

7:2.5:0.5にすると、きちっとしたまとまり感がでます。
その手は使える。
でも、一手法。

ストリートファッション、カジュアルファッションは、そういう比率でなくても成立します。
実態はもっと自由。

3色で、相性のよい組み合わせはなにか、それにアクセントを入れるか入れないか、その程度に考えるほうが応用がききます。

・同系色は相性がいい組み合わせ。
・暖色同士や寒色同士もいい。
・対照色(補色)もいい。
・困ったときは、白やグレーを入れるとバランスがとれる。
・お手本にするなら無印良品。無印同士ならどの色を合わせてもいいように作ってある。

とかね。

ビームスのグレーのハーフチェスターコートのコーディネート例

ビームス

ユニクロの黒のチェスターコートのコーディネート例

ユニクロ

アーバンリサーチのグレーのコートのコーディネート例

アーバンリサーチ