読み書き引きこもり

書く練習をかねて。

低収入、無職でも平気!デビットならクレジットカード並みの簡単決済

クレジットカード。
学生の頃は持ってたのに、卒業後、一定以上の定期収入がないばかりに持てなくなったという人はどうしたらいいんだろう。

やっぱ、定期収入がないと

家族カードは?
難しい。
成人した社会人の子供や、兄弟姉妹同士では作れないという規定があるんで。

配偶者のカードでなら作れるが、経済的に結婚が難しいニート、フリーター、プータロウ、無職にはなかなか。

デビットなら無審査、誰でも持てる

そこで切り札になるのがデビットカード。

それは銀行で普通預金を開くようなもの。
無審査だし、未成年でも無収入でもOK。
取得はいたって簡単。

見た目はクレジットカードと似ている。
使える範囲は、クレジットカードとほぼ同じ。
例えば、VISAデビットなら、VISAカードが使えるリアル店舗やウェブサイトでほぼ使える。

大きな違いは買い物をする際、カード会社が一旦立て替えてくれるのがクレジット。
自分の銀行口座から引き落とされるのがデビット。

Jデビットじゃなくて

デビットというと、銀行のキャッシュカードをそのまま使うJデビットが2000年から導入されているが、このサービスを利用できる店舗やネット通販は限られている。
それから、郵貯チェックカードもデビットカードだが、これも使い勝手が悪い。
どっちも期待したほど普及してないんだな。

その点、VISAデビットなら、利用範囲はぐっと広がる。
カード支払いOKのところで、VISAと提携していないネットショップは稀だから。

今のところ、発行は2行のみ

興味のあるひとは、2006年にこのVISAデビットを国内で最初に取り入れたスルガ銀行を見るといい。
僕も持っている。
オンラインで取得可能、簡単だ。

ちなみに、利率は低いがVISAカードのように年間利用金額に応じたキャッシュバック特典もついている(0.2%)。

イーバンクに口座があるひとは、イーバンクでも取り扱っているんでそっちの方がいいだろう。
いまのところ、このどちらかの銀行しか発行してないようだ。

他に、マスターカードのデビット版があるが、新規登録を控えている。
前は、東京スター銀行などが扱っていたが。

※クレジットカードの審査基準も近年の社会情勢の変化から、一時より緩和されているという話もきく。
※VISAデビットなど、クレジットカード会社のデビットカードは世界的にみると急激に発行枚数を増やしている。

http://card.surugabank.co.jp
http://www.ebank.co.jp/kojin/debit
http://www.mastercard.com/jp/personal/jp/aboutourcards/……