読み書き引きこもり

書く練習をかねて。

出会い系、ネットでよく批判の的になる4社を集めてみた

円グラフ(出会えない系98%、出会い系2%)

出会い系サイトといえば、出会えない。
登場時の新しいコミュニケーションの形という期待を見事に裏切り、評判の回復はみこめません。
そうなってしまったのは、出会い系がかんだ援助交際や殺人事件もさることながら、出会いたいという心理につけこんだ詐欺で大儲けした運営会社がはびこったからでしょう。
ここでは、会社の規模が大きく、何かと批判の的になる4社を集めてみました。
もう解散した会社も含みます。
悪質度には差があります。

インセンス:会長逮捕で会社解散、うごめく残党

悪徳出会い系サイトを手広く運営してたイノセンスのHP

詐欺、架空請求

(株)インセンス(閉鎖済み。キャッシュから)。
売上高83億2,000万円(2007年2月期実績)とある。

出会い系サイトや懸賞サイトで、ワンクリック詐欺、架空請求、サクラをしていたため、常に批判の的だった。

インセンスよりも、傘下のレバレンス(旧アクシブ、AXVEinc)の方が知られていたかも。
被害報告や晒しを、インセンス、レバレンス、アクシブでググってみると、圧倒的にアクシブで出てくる。
インセンスとアクシブは一体とみなしている書き込みも多い。

逮捕

2007年10月24日、千葉県警生活経済課などが詐欺の疑いでインセンス会長・落合正行容疑者(30)=港区南青山=らグループ会社役員5人を含む計10人を逮捕と発表。

アルバイトの男4人に9つの銀行口座を開設させ、全国からアダルトサイトの利用料を振り込ませていた。
同年11月28日には、ツークリック詐欺で全国の約3,400人から3億円以上をだまし取ったとみて再逮捕。
12月19日には容疑が固まったとして起訴している。

当初、インセンス、及び系列会社は、弁償に応じる動きをみせた。
系列会社のホームページに、2008年1月25日付けでお詫び文と手続きについての説明がある。
示談と引き換えに1週間~10日ほどで入金するということだった。
それが、4月末に会社を閉鎖したため窓口が消失。
引き継ぎの説明がまったくなかった。

9月9日、千葉地裁は、落合被告に懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役4年)を言い渡した。
ほかの元幹部の5被告に対しては懲役2年8カ月~2年2カ月、執行猶予5年~4年(求刑懲役3年6カ月~3年)とした。

その後、この件がどうなったのか報道がないので分からない。

実態

ブログ「I notice 気付く・感じる・思う」の執筆者は、どうもジャーナリストのようだ。
インセンスの関連会社を退職した人物に取材している。
この一件で私が読んだ中でもっとも詳細かつリアルに感じた。
どのような会社だったのかがよく分かる。
その後の残党の動きについても言及あり。

出会いサイトはなぜ取り締まれないのか?(2007/12/21)

出会いサイトシステムは多くなく、ほんの数社でシェアを分担しています。
その中でインセンスが開発したシステムは、実際にサイト運営している中で、細かい部分を改良していった結果完成されたものであり、他とは使い勝手が異なり優秀であることから、運営したいと思っているクライアントにしてみると導入したいシステムのようです。
……レバレンスが営業窓口になり、インセンスとイーウェッジも一体となり、出会いサイトのシステムをフランチャイズ販売しています。
600万程度で販売し、毎月ロイヤリティが別途入るそうです。

ブログ「出会いの雑学」では、過去の事件を振り返りつつ経過を綴ってある。
ちなみに、こちらは海外の出会い系に詳しい。

インセンスのトップ、ツークリック詐欺で再逮捕(2007/11/28)
アクシブ系出会い系サイト続々閉鎖(2007/11/11)
インセンス-出会い系サイトのトップ逮捕、全閉鎖あり?(2007/10/25)

インセンスと似たようなケースを出すとすると、コーエイプランニングをご存知だろうか?
迷惑メールや違法アダルト、懸賞、出会い系サイトなど一通りやっている会社で、数年前「携帯向けわいせつサイト運営容疑で逮捕・警視庁」という事件があったんですが、この会社(関連もあり)も出会い系サイトを運営していましたが、出会い系は事件に直接的な関連はなくあまり影響もなかった。
その結果2007年10月現在もちゃっかり怪しげな出会い系サイトを多く運営…どころか会社も相変わらず複数使い分け、出会い系や誘導サイトを複数運営している。

デリリオス:業界最大手、年商1,000億ならワタミに匹敵

最大手

(株)デリリオスエンタテインメント。
通称デリリオス、デリ。
公式サイトは存在しない。
出会い系サイト運営最大手と言われていたが、2006年8月に解散。
事業を再編して、現在も活動していると言われるが実態がよく分らない。

かつては50とも100以上とも言われる出会い系サイトや懸賞サイトを運営。
莫大な広告費をかけ、大勢のサクラを雇っていた。

年商1,000億とか、売上げ上位サイトの月間売上が億単位とかささやかれていた。
真相は分からないがとにかく大儲けしていたらしい。
もしも年商1,000億が本当なら外食産業大手のワタミや、洋書販売の丸善、百貨店の松屋に匹敵する。

1,000億はさすがにオーバーに思うが、売上高100億ならもしかしてと思う。

解散時には社員とサクラの大量一斉解雇がなされたが、サクラにも特別ボーナスが支給されたことが、ときおり2ちゃんねるで語られる。

テレビCM

グループ企業に、アンリミテッド(旧クロストライブ←ネットアドバンス)、イーブリッジ、ゼディアスエンタープライズ、デジタルワイドジャパンなどが知られる。
他にもペーパーカンパニーやグループと思われる会社が多数存在したようだ。
悪徳懸賞サイトとして名をはせたスターメールは、イーブリッジが運営していた。

他サイトの買収にも積極的で、漫画家の江川達也氏がキャラクターデザインを担当し、TテレビCMを流していたコミュニティーサイト「Jenka」(2)や、携帯向けコンテンツ「四次婆(よじばばあ)」が知られる。

新宿喜楓ビル

2006年10月頃に撮影したと思われる、デリリオスが入居するビルの案内板が映った写真2)が晒されている。
上にあげた会社は皆、新宿区西新宿7-2-4の新宿喜楓ビルに入居していた。
写真に映っているノヴェルも関連企業のようだ。
ICOデジタルワークスも怪しい。

2007年12月30日現在、帝国データバンクによると、住所は東京都新宿区西新宿7とだけ書いてある。
新宿喜楓ビルからは退去済み。
不動産会社のウェブサイトをみると、売りに出されている(2)。
6Fは、東急コミュニティーの新宿賃貸情報センターに、4Fは人材派遣のフルキャスト・新宿西口支店に既に替わっている。

なお、このビルは、都営大江戸線新宿西口駅より徒歩1分と立地条件がよく、1Fに創価学会系の博文堂書店、2Fに登山やアウトドア用品販売大手である好日山荘の店舗がある。

こちらのサイトは、デリリオス系企業のその後を追っている(12)。
関連会社ではないかと疑われるSMG(新宿喜楓ビル5F)は、2007年12月30日現在、新宿区新宿4-2-18新宿光風ビルディング4Fに移転している。

ユビキタス銀河:巨大サクラオフィスに御徒町の異名

ぼったくり出会い系サイト・ユビキタス銀河のHP

御徒町

(株)ユビキタス銀河
2006年8月、(有)ロビタと合併。
2005年度の年商が80億円(うちロビタが43億円)。
上場企業の(株)ユビキタスは、名前が似ているだけで全く関係ない。

ビデオボックスのひまパラ/宝島、まんが喫茶カスタマカフェらくだ、岩盤浴施設などの事業を営んでいる。
デブ専ライブチャット・ぽチャットはここが運営。
事業の多角化が、新宿ソフトと似ている。

都営大江戸線の上野御徒町駅徒歩2分のところに、サクラオペレーター800人以上を擁する巨大オフィスを構えるため、御徒町(おかちまち)と言われることがある。

悪名

ここの出会い系サイトは非常に評判が悪い。
ポイント制のプレミアムクラブや、完全無料サイトの直アドゴーゴーは、サクラ&詐欺で名をはせる。
LOVE×2は、メールの送信や閲覧に500円、電話番号やメルアドを教えるのに1万円と、常軌を逸する高額料金でぼったくりもいいところ。
身分証の提出においては住所まで明らかにせよという。
とにかくユビキタス銀河が運営するサイトでよい評判は聞かない。

サイト数が多いのだが、どれも作りこみが足りない。
デザインに魅力がない。
女性ユーザー登録できないサイトもある。

出会い系co.jp

評判のよい完全無料サイトを運営する(株)スイートボートは、スイートビーチライト(現在は即アポオーライ)を2006年10月にロビタに譲渡。
また、2007年7月には、出会い系co.jpを出会い系株式会社に譲渡している。

出会い系co.jpの会員規約第8条入会の3において、「会員は『出会い系.co.jp』サイトに入会すると同時に弊社の提携先企業が運営する『プレミアムクラブ』(URL=http://puremia.com)も利用可能な状態となることに同意します」とある。
この文言は譲渡と同時に加わったのだが、プレミアムクラブはユビキタス銀河を代表する悪質サイトとして有名だ。
出会い系株式会社もユビキタス銀河の関連会社なのだろう。

ユビキタス銀河、およびロビタに変わったと聞いただけで勉強熱心で良心的なアフィリエイターは、アフィリエイトリンクを外したり、紹介自体を止めている。
しかし、大部分のアフィリエイターはそういったことには関心がない。
出会い系.co.jpはアフィリエイターに人気で、運営会社が変わっても広告費が出る間は積極的に宣伝するだろう。

2008年1月には出会い系.co.jpはデザインをエロ寄りに大きく変えていることが分かる。
以前のサイトデザインはこちら

新宿ソフト:リンリンハウスの風俗王が操る

出会い系サイトなどを手広く手掛ける業者・新宿ソフトのHP

多角経営

テレクラのリンリンハウスで有名。

出会い系サイトのPC MAX、ビデオボックスの金太郎・花太郎、ライブチャットのジュエル(旧ショーガール)、2ショットカードのバレンタインコール、ラーメンの博多風龍(つけ麺風龍)、東京スタミナカレー365、スポーツバーのM・SPO、漫画喫茶のマンボー100億円かけたという新業態のロボットレストラン
そのほか、ダイヤルQ2、ツーショットダイヤル、ホテル出張型ヘルス、レンタルルーム、風俗案内所、ビジネスホテル、ラブホテル、スポーツバー、男性エステなど事業は多岐にわたる。

2007年夏に話題になった、台湾発祥のかき氷アイスを展開するドラゴンアイスカンパニーもここ。

公式サイトは2007年に閉鎖されたが、Internet Archiveに記録が残っている。

ネット(出会い系サイト、アダルト動画サイト)と、電話(テレクラ等)を使うものは、合資会社マックス(mgi)が統括していた時期があった。

2006年から数年間、タレントの矢部美穂がイメージガールを務めた。

リンリンハウス

リンリンハウスは、2000年に神戸で放火殺人事件が発生し、世間を震撼させた(産経新聞「特集・リンリンハウス判決(1~10)」)。

風俗王

2005年11月、東京都の治安回復・浄化政策と新宿区がすすめる歌舞伎町ルネッサンスのもと、森下社長以下8名が逮捕。
以来、「歌舞伎町でヌキはやめる」と警察に宣言。
社長の座から降りた森下氏だが、株主として実権を握り続けているらしい(日刊ゲンダイ 2013/5/24)。

PC MAX

出会い系の主力サイト、PC MAXは業界最上位の知名度と人気を誇る、実際に会える可能性のある数少ないサイトだ。
ただし、援助やエンデリが多く、純粋に出会いを求めている相手と知り合うのはなかなか難しいというのがもっぱらの評判。
東京や大阪の繁華街で巨大なビルボードを掲げる。
トレーラーの宣伝カーを走らせ、大量のポケットティッシュを配る。
かつてのリンリンハウス同様、宣伝にそうとうかけている。

上の三つの会社にはこのようなサイトは存在しない。
では、なぜここがそんなに批判されるのかというとサクラの存在が大きいのと、経営者が風俗関係でたいへん有名だからではないか。

他に、メール星人(2012年閉鎖)、プレミアム(閉鎖済み)などがある。
どれもギャル雑誌などに広告がよくのっている。
裏事情を知らないと、同じ業者がやっているとは気づかないだろう。

2009年の改正出会い系サイト規制法の施行後は、出会い系サイトの淘汰が進んでおり、勝ち組として余計に目立つようになった

サクラ疑惑

サクラや架空請求の声が絶えず、名指しで批判されがち。
サクラを生業とするキュービックシステムはここの系列らしい。
2ちゃんで、自称リンリンハウスのサクラバイトが愚痴を言い合っているスレッドがある。

スマホひとつでやれる内職、ガールズワーカーは、ここの系列かどうか不明だが、新宿ソフトの出会い系につながる。
一か所に集められたサクラは出会うことを推奨されないが、こちらはそういう縛りがないのでサクラの気分次第。