読み書き引きこもり

書く練習をかねて。

おじさんでも分かる、ジャージーとジャージの違い(ニットの話②)

ジャージージャケット

ジャージーとジャージの違いは完成品にあるのですが、布としては同じです。
どちらもニット。

ニットって、セーターのことでは?
おじさんの僕はそうじゃないってことが、なかなか理解できなくて。
めっちゃ分かりやすく、まとめてみました。

水着はニットが当たり前

クロシェ編みビキニ

おぉ、セクシー、カワ(・∀・)イイ!!

こういうのを、クロシェ編み、またはかぎ針編みの水着とよびます。
このようなかぎ針を使うと手作りできます。

Clover カギ針「Amure:アミュレ」 〈5 0号〉

編んでるからニットですね。

でも、そもそも水着ってニットが普通。
伸びますよね。
伸びるから動きやすい。
これ、ニットの性質です。

布には三つある

織物と編物の違い

繊維を布(生地)にするには、三つの方法があります。

  • 織物……たて糸とよこ糸が交錯している。
  • 編物……糸でつくられたループが連結している。
  • 不織布(ふしょくふ)……繊維が結合している。

それぞれの特長です。

  • 織物……丈夫で形態が保ちやすく、毛玉ができにくい。
  • 編物……保温性や伸縮性があり、しわになりにくく、洗濯後の乾きが速い。
  • 不織布……通気性・ろ過性・保温性が高い。

どれも素材や作り方によってさまざまな種類があります。
繊維業界検索なび』に、織物、編物の代表的なもの、といってもものすごく多いのですが、写真付きで解説してあり興味深いです。

不識布は、こういうのです。
画像検索でみれば、一発で分かります。

Tシャツはニット

綿は綿でも、加工の仕方によって違うものが作られます。

織った布を使うならワイシャツ。
編んだ布ならTシャツ。

Tシャツの、あのソフトな肌触りや伸縮性は編んでいるからこそ。

ジャージーと、ジャージ

ジャージージャケットといえば、ジャージー素材のジャケット。
おしゃれ男子なら、一着は持っていたいもんです。
きっちり過ぎない、まじめなところがいい。

一方、ジャージジャケットは、トレーニングウェアです。

実は、どちらもジャージー編みで作られた布から出来てます。

ジャケットは、ジャージーで、体操着はジャージなのは、発音のしやすさから来てるんでしょうね。

靴下みたいな足袋がある

今までは織っていたのを編んでみると、これまでにないものができます。
ニット足袋です。
足袋といえば、綿100%の織物でしたが、化学繊維を混ぜて編むことで、キッチリ感を残しつつ靴下のような履き心地を味わえます。

関連記事
100円ショップの丸便座カバーの芯で、スヌードを編んでみる(ニットの話⑤)
イギリスの靴下の歴史。貧しい庶民はせっせと内職で靴下を編んでいた(ニットの話④)
昭和の前半、メリヤスは肌着であり、編物全般のことだった(ニットの話③)
おじさんでも分かる、ニットとセーターの違い(ニットの話①)