読み書き引きこもり

書く練習をかねて。

外国人観光客にならう、真新しい服の効用

ちょっとした旅行にいくための服や道具一覧

ここ数年、外国人観光客を目にすることがめっきり増えました。
日本といえば、先進国の中ではダントツで人気がなかった旅先でしたが。
LCCや近隣諸国の所得増、ビザ取得緩和のおかげで、ついに扉が開かれた格好。
ところで、あの人ら、ヒカッてません?

カッコよく見えたのはなぜ

この前、電車にのったら韓国からの大学生らしきおにーちゃん、3人組が座ってました。
トランクも、大きなバックパックもそばになかったけど、雰囲気が旅行者でした。

なんかカッコイイんですよね。
3人とも背は170cmぐらいだけど、細マッチョ手前のモテ線。
顔は幼さがちょっと残る韓流スターを彷彿させます。

でも、しばらく観察してると、そういうこっちゃないのかもって気付いたんです。
厳しい言い方をすると不細工ではないというだけ。
いわゆる雰囲気イケメン。

よく見せてるのは、流行の髪型、しっかり整えられた眉毛、計算されたコーディネートのせい。
でも、それにもまして、全員がさらっぴんの服を着てるのが大きいと思いました。
彼らは、日本旅行を楽しみに、着てくる服まで新調したのでしょう。

旅行者の服装

観光に来る人はたいがい身なりがいいもんです。
きちんとして見える。

貧乏旅行者は別ですよ。
バックパッカーは長旅で着るものがくたびれてるんで。

欧米系の顔立ちの人は、さらっぴんではないけど、新しいかんじのが多いかな。
対して、近隣諸国の人らはさらっぴんが多いように思います。
それは、初めての海外旅行で気合いが入ってたり、先に経済発展した日本に多少のコンプレックがあるからかも。

なかでも中国のみなさんは、さらのブランドものを身に着けてる印象があります。
ビザのせいでしょう。
今のところ観光ビザが下りるのは高所得の個人や家族に限られるんで。

お正月はみんなピッカピカ

ところで、日本人が一番ヒカッてる日があるんですが。

それは、お正月。
お正月になると、真新しい服で初詣などに出かける人が多いですよね。

あの人も、この人も。
さらっぴんを着てるなって、すぐ分かります。
大勢の人がそうだと、なんだか人混みまで華やかでスガスがしく見えてきます。

やっぱり、新しいのはいい。
ひとをよく見せてくれます。

人は見かけによるんで

男って、あんまり服、買わない人が多いですよね。
何年も同じのを着てたり。
くたびれてても、まぁいいやってやり過ごしちゃう。
流行なんてどこ吹く風。

お金の心配とか、何を買ったらいいのか分からないとか。
いろいろ問題があってのことかもしれないけど。
僕がまさしくそうでした。

でも、人は外見から中身を推し量ります。
そういう恰好を選んだのは、中身に基づくといえるんで。
外見しか情報がないときは、さもありなん。

それが良いとか悪いとか言ってもしょうがありません。
自分だって、そうしてるんだから。
(片方で、人は見かけによらずと思ってればそれでいい。)

だいたい、自分に中身なんてあるわけない。
どうみたってない。
しょうもないやつですわ。
くたびれた服じゃ、そのまんまですよ。

振り返れば、損してたなと思います。
男のオシャレって女と比べると平均レベルが低いから、評価が付いてきやすいのに。
自分に自信がもてるのに。
気分も一新するし。
最近は、出かけるたびに服屋によってます。
ファストファッション、ばっかですけども。