読み書き引きこもり

書く練習をかねて。

初心者のための、ホンネで考えるパーソナルカラーの仕組みと使い方

色とりどりのボタンダウンシャツが、ハンガーラックにかかっている

「あれ、なんか、この色あわんな、こっちの方があうな。」

そんな経験、誰しもしたことがあるでしょう。
パーソナルカラーは、なんでそんなことが起こるのかを、あるていど説明してくれます。

といいつつ、パーソナルカラーは、ファッション初心者の僕にはちょっと難しい。
こうなんだよって言われてもねぇ。
鵜呑みにするほど素直じゃないし。
大雑把にいえばどういうことか、賢く利用するにはどうしたらいいのか、自分なりに考えてみました。
書いてみます。
少し長いですがお付き合いください。

黄色寄りか、青色寄りか

はじまりは、1920年代、アメリカのロバート・ドアが考案した色彩調和理論です。

それは、当時のペンキ屋の常識をもとにしてます。
看板を描くとき、彼らは使う色全部にちょっぴり黄色か青色を混ぜてました。
どちらか一方、黄色なら全部黄色を混ぜます。
そうすると統一感がでます。
黄色はウォーム(暖色系)なかんじに、青色はクール(寒色系)なかんじに仕上がります。

実際に絵の具でやってみると。
あぁそういうことか!

左側は黄色を混ぜた色、右側は青色を混ぜた色引用:絵の具で色を愉しむ。

美術学校の学生だったドアは、ペンキ屋のアルバイトでこのテクニックを知ったのですが、全てに応用できないかと考えました。
世界を、イエローベース(イエローアンダートーン)と、ブルーベース(ブルーアンダートーン)に分けてしまえるんじゃないかと。

いや、四つに分けちゃえ

なるほど! しかし、二者択一じゃ乱暴じゃないっすか?
発展させて四つに分けて、人間にあてはめようとした人がいました。
スイスのヨハネス・イッテンです。

トーン、すなわち、明度(あかるさ)と、彩度(あざやかさ)による違いを加えたんです。

彼はロマンチストだったんでしょうね。
ABCDでよいものを、春夏秋冬で呼ぶことにしました。
フォーシーズン法というもので、現在パーソナルカラーと言えば、これっていうぐらい世界中で普及してます。

パーソナルカラーのフォーシーズン法の配色一覧引用:カラーナビ

イエローベース
春・・・ソフト(明度高中・彩度高中)←高高
秋・・・ハード(明度低中・彩度低中)←低低

ブルーベース
夏・・・ソフト(明度高中・彩度低中)←高低
冬・・・ハード(明度低~高・彩度低高)←低高じゃないw

引用:iro×iro:トーンの意味とパーソナルカラーフォーシーズンの関係&色の濃淡

どんな肌の人でも四つある

見るところは、顔の肌の色です(髪や瞳や骨格やキャラクターは関係ありません)。

世界中のどんな肌の色の人でも、どんな年齢でも、ざっくり分けると、この4つに分類できると言うんです。
たとえ日焼けしてても。

おもしろいのは、黄色人が全員イエローベースというわけではなく、その中で4つに分かれます。
同じことが白人にも黒人にも言えます。

それで、なるだけ肌の色合いと、服の色合いを統一させると、ビシッと決まるんじゃないか。
これがパーソナルカラーの考え方です。

あわない色、あうトーン

よく見ると、フォーシーズンそれぞれに、入ってる色と入ってない色があります。
一方で、トーン違いで同じ色というのもあります。
これは、合う色、合わない色があるけれど、合わない色の中でもトーンを変えれば合うかもしれないということを示唆しています。

例えば黄色です。
イエローベースのスプリングは、バナナのようなのが似合います。
ブルーベースのウィンターは、そういうトーンが苦手です。
でも、レモンのようだと似合います。

パーソナルカラーのフォーシーズン法、スプリングとウィンターの黄色の比較

自分のパーソナルカラーを知りたいなら

自分のこと、知りたいもんです。
まずは、ネットの無料診断。
5つほどやってみましたが、どうも分かりにくい。
どれもこれも質問の仕方が専門的すぎたり、選び難かったりで。
僕には、目安にもなりませんでした。

「All About:20秒で診断!パーソナルカラー(似合う色)診断 男性編」
「メンズスキンケア大学:パーソナルカラーチェック」

となれば、民間資格を有するプロに頼むことになります。
日本では現在、三つの団体が独自に検定を行っています。
それぞれ、1~3級あり、1級が一番難しいです。

・パーソナルカラー検定・・・日本パーソナルカラー協会
・パーソナルカラー検定(R)・・・日本パーソナルカラリスト協会
・パーソナルカラー検定・・・日本カラーコーディネーター協会
引用:All About:あなたは受験する?パーソナルカラー検定は3つに!

彼らは、いや彼女らといったほうがいいですね。
プロは圧倒的に女性が多いようですから。
基準になる色の布を100枚以上使って、上半身にあてがいながら分析してくれるそうです。

大人気の百貨店サービス

でも、プロにみてもらうって、ちょっと敷居が高くないですか。
自分、男だし。
それに料金もね。
専門のところは1万円前後~2万円以上します。
こりゃ、ひきこもりの僕なんかには無理だ。

そういうところじゃなくって、もっとラクチンなのが百貨店です。

大丸梅田店、パーソナルカラー診断メンズのキャプチャ画面引用:大丸梅田店 ファッションナビ Men’s

一番知られているのが大丸。
常設で展開してるのは珍しいようです。
このへんなら梅田や京都で。
パーソナルカラー診断(メンズ)が、45分で3,240円(税込)!!

ほかにも、印象や骨格を見てもらえたり、買い物を手伝ってもらえたりといったコースがあります。

ただし、予約が全部X表示。
おかしいなと思って問い合わせたら、常時1か月先まで予約で埋まってるという人気ぶりです。

hikifa.hatenablog.com

もしかすると、血液型占いぐらい強引かもしれない

いや、それでもね、思うんですが、これってだいたい分かればいいんじゃないでしょうか。

人の個性を四つに分けるって無理がありますよ。
どっちつかずの人がいるでしょうに。

イエローかブルーに分けるといっても、中間の人はいるはずで。
そういう人をグリーンベースと呼んだりするプロがいるんですって。
黄色と青色を混ぜたら緑色になるから。
プッ、苦し紛れ。
それなら、ホワイトベース、もしくは木馬と呼んでやってもいいかもね。←ガンダムかよw

それだと困るから、どれにも合う中立的な色を提案したり、一番合うシーズンと二番目に合うシーズンを提案したり。
髪、瞳、骨格、キャラクターなどを含め、もっと細かく分ける方法で判断する人もいるそうです。

パーソナルカラー診断のフォーシーズン法におけるグレーの差引用:イメージコンサルタント高木千恵・美的イメージアップ塾

好きな色というくくりを解けば、だいたい分かってくる

イエローベースか、ブルーベースかぐらいは、経験でわかります。
僕は、イエローベースです。

なんでかって、好きな色に拘らずに試着しまくってるから。
似合えば何色でも構わないと思ってるんで。
こだわりがないんです。

知りたいけど、お金をかけるのも勉強するのも嫌という人は、色に対する寛容さ、冒険心でもって、バンバン試着すればよいでしょう。
それには、ユニクロやベネトンが都合いいです。
他よりも色数が多いんで。

ユニクロの2017年歳末セールのチラシ・部分

似合わない色でも、やり方次第でさまになります。

顔のそばから離れていればいるほど、からだ全体に占める面積が小さければ小さいほど、影響が小さくなります。

店内の照明は考慮しなくていいわけ

パーソナルカラーは晴れの日の昼間の自然光、もしくはそれに近い照明で見た場合という前提です。
店の照明は見栄えよくするために、あえて色付けしてあります。
このことは、パーソナルカラーに影響するでしょうか?

自分が似合う色はこんなかんじと頭の中に記憶していて、それだけを参考にしてなら問題ですが、理屈はほどほどに試着しまくるならどうってことないはず。
顔の肌も服も、同じ色の照明が同じだけ当たってるんですから。
プラスマイナスゼロですよ。

参考サイト
コトバンク:パーソナルカラー(日本大百科全書/ニッポニカ)
Yahoo!知恵袋:パーソナルカラーについて。 服やメイクがなん…(ベストアンサー)
mixi:パーソナルカラーコミュの外国人のパーソナルカラー
renoncule:ブルーベースかイエローベースかで悩んでますか?
日常の本懐:格安料金のパーソナルカラー診断、大丸で自分に似合う色を発見

パーソナルカラーワークブック―あなたがつくる色のないカラーブック
伊熊 知子
BABジャパン
売り上げランキング: 37,631