読み書き引きこもり

書く練習をかねて。

ヤフオク転売記録>ダメージ加工のリーバイスのテーラードジャケット

f:id:degarashitan:20180117024710j:plain

風合いが分かるように明るめに撮ってます

Levi's redloop、ロットナンバー70803-09。
リーバイ ストラウス ジャパンが、2003年に製造販売。

覚えのある品です。
当時、百貨店で「うわっ、めっちゃ斬新!欲しい」と思ったけど、金欠で諦めたんで。
セカンドストリート  奈良法華寺店で、そのとき以来の遭遇。
新品同様なのに、まさかの1,300円!
目を疑いました。
メルカリでも、ここまで安くありません。
ふつうの古着屋なら、5,000円は下らないはず。

大胆で個性的なダメージ加工。
手が混んでますね。
よれ、ほつれ、擦れ、洗いを効かせてます。

リーバイス・レッドループのテーラードジャケット(イメージ風の写真)

でも、継ぎはぎ、穴、汚れがまったくありません。
ここまで痛めつけといてなぜ?

着てみたらわかるんですが、意外ときちっと感があるんです。
やり過ぎないように、とどめたのかもしれません。

それから、所々にあしらった真っ白な細い糸とステッチを強調させたかったからかも。

リーバイス・レッドループのテーラードジャケット(袖口)

ハンガーループは、レッドループお決まりの赤のベルト通し。

リーバイス・レッドループ、テーラードジャケット(背中のタグ)

それがリベットでくっ付けてあって、背中側から見るとアクセントになってます。

リーバイス・レッドループ、テーラードジャケット(後ろ側)

向かって右の胸下には、リーバイスのシンボルである、アーキュエイトステッチが青糸でさりげなく描かれてます。

リーバイス・レッドループ、テーラードジャケット(アーキュエイトステッチ)

右ポケットにはレッドタグ。

リーバイス・レッドループ、テーラードジャケット(ポケットとレッドタグ)

状態はとても良いです。
生地に新品っぽい光沢とコシ。
ただ一点、左袖口の垂れ下がった白糸が、薄茶に染まってます。
これぐらいなら、漂白剤で完全に落ちるでしょう。

三つボタンです。
第2ボタンを留めると、ウェストがキュッと締まります。
細身の作り。
袖をくちゃっと折って着るほうがかっこいいかも。

リーバイス・レッドループ、テーラードジャケット(実際に近い色で撮影)

実際はこの色に近いです

パンツに、ダメージ加工なしの黒や、紺のセルビッチをもってくると、きれいめカジュアルとしていいあんばい。

よく似た名前にREDがありますが、あれとは別です。
REDはまだやってますが、こっちはもう辞めたみたい。
REDは凝ってるけどすごく高い。
こっちは凝ってるけどお値段控えめ。

Mサイズですが、172cmの僕には残念ながら袖や丈がやや長いです。
そこで、ヤフオク出品向けにと思い購入しました。
後で調べたら、過去数年、出品数はわずかと判明。
春も過ぎようかという頃に、常識的な値段で出品したためか、売れ残りました。
せっかくだから、もうちょっと涼しくなったら着てみようかと。
ヤフオクは当面やるつもりがないので、そのまま着続けるかも。