読み書き引きこもり

書く練習をかねて。

ゼロ円散髪、自分でするのは楽しい! 貧相にならずにやる5つのコツ

100円ショップのすきばさみ

散髪を自分でやれるなんて、思ってもみなかったけど。
やってみると結構楽しいし、まぁまぁ上手くいきます。
坊主じゃないですよ。

プロは自分で切ってる

税抜き1,000円ながら、なかなか上手いと思うQBハウスで散髪中のこと。
何気に理容師さん美容師さんは、普段、どこで切ってるのか聞いてみたら。

「自分でって人が、わりといますよ。僕もそうです」って。

えっ、衝撃!!

てっきり、職場で切り合ってると思いきや、終わったら早く帰りたいのでと。
とても自分で切ったようには見えなんですが。
職人の技は凄いと思いました。

阿部寛も自分で切ってる

まさかセルフカットしてるとはっていう有名人に、俳優の阿部寛さんがいます。
テレビでたびたび言っているので、ご存知の方も多いでしょう。

マメにやるそうです。
美容院いくとカタチが変わって、いろいろ言われるのが嫌。
それで、自分でしてるっていうメイクさんに教わったんだとか。

阿部寛が自分で散髪する理由 - YouTube

フィニッシュで、やってもらうのがミソ

ただし、二人とも、微調整は人にやってもらってます。

QBハウスの人は、アマチュアの奥さんに頼みます。
自分が指示を出して、その通り切ってもらう。
最初は指示通りにいかなかったのが、いまや手慣れたものと褒めていました。

阿部さんは、メイクさんが、ちょっと変だなってところを修正します。

これがあると、だいぶ違うように思いますが、僕の場合は夜中にこっそりやるんで。
家族にいろいろ詮索されるのが嫌だから。

セルフカットは意外と人気

僕がたまに自分で切るようになったのは、上のビデオを生放送で見たのがきっかけ。
『おしゃれイズム』、2014年頃です。

前から自分で切ってみたいなと思ってたんです。
お金もないし、面白そうだし。
ただ、うまく切れるはずがないと思い込んでたため、調べてみることすらしてませんでした。

実は、自分で切ってみたいという人は世の中にけっこういるみたい。
切り方を指南したウェブサイトは簡単に見つかります。
興味のある方はググってみてください。

初めてするとき、最初のひと切りは、どうなることやらと思い、なかなか勇気がいりました。
2回目は、すっかり慣れて大雑把に切っていったところ修正がきかない状態に。
それ以来、ちょっとずつを心がけています。

コツは、切るよりすくかんじ

僕がポイントに考えてるのは、たったの5つです。
不器用なんで、あんまり難しいことを考えても手が動かないので。

全体のボリュームを減らす

まずは、すきばさみで全体にちょこっとずつ切っていきます。
鏡を見ながらやりすぎに注意して。
短くするのはそれから。
普通のはさみに任せます。
全行程のほとんどは、すいてボリュームを減らすことです。

両サイドのボリュームを残す

ここ、よく切り過ぎるので。
切り過ぎると、ペチャッとした感じに仕上がってしまいます。
これがいかにも野暮ったい。
頭の形によっては薄毛に見えるでしょう。

後ろは襟足を中心に切る

両サイドと同じで、耳より上を切るとボリュームが心配です。
ここは手を付けません。
見えないからチェックもできないし。
逆に、襟足はバンバン切るほうがバランスがよいように思います。

普通のはさみはなるだけ縦にして

すくだけでは長さを調整できないので、普通のはさみも使います。
櫛を持ってやるのは僕には難しいので、はさみを縦にしてちょこちょこ。
そうしないと、パッツンになって恥ずかしいです。

完璧をめざして深追いしない

慎重かつ、完璧を狙わないことです。
深追いしすぎると、たいがい失敗するんで。
まぁ、これぐらいでいいかで、はさみを置きます。

買うなら、小ぶりのものを

すきばさみ、普通のはさみ、共に100円ショップのを使ってます。
もうちょっといいのが欲しいのですが。
快調にやれると、仕上がりが違ってくるだろうし、もっと楽しいでしょう。

これから挑戦する方、もし、はさみを買うなら、普通サイズより小ぶりのほうが小回りがきいてオススメです。

参考までに、アマゾンで一番人気、両方入って1,000円のやつ。
これ、評判がいいです。

GATSBY (ギャツビー) ヘアセルフカット セット
マンダム (2005-03-09)
売り上げランキング: 469

数回に一度はお店に行った方がいい

思ったよりヘンじゃないけど、自分で切ると、店でしてもらったような切りたての美しさがありません。
散髪のペースが月に一回としたら、20日目ぐらいのかんじでしょうか。

また、繰り返すと、なんとなく貧相に見えてきます。
整ってるかんじがしないから。
バランスも崩れてくるし。

だから、自分で切るのは1回がベターで、2回続けたら次は店でやってもらうのがよいと思います。

ドシロウトに切ってもらうのは楽しい

先日、イベント感覚で彼女に切ってもらいました。
これ、盛り上がるんで、おススメです。
それに、自分で切るよりうまくいきます。
きっと、男同士、友だちとでも楽しいでしょう。

あんまり細部にこだわると、イライラさせるのでよくありません。
好きなようにジャンジャンやってという方が、眠っていた才能を発揮してくれます。

ドングリ状にしたいと言って、研究しながら切ってくれました。
はじめてとは思えないほどの出来にびっくり。
満足まんぞく。

QBハウスの人に言わせると、プロでも刈り上げは難しいそうです。
新人とベテランでは腕の差がでると。
ならば、次回はやってもらおうじゃないですかww
こりゃダメだ、失敗だってなったらプロに修正してもらえばよいこと。

実際、自分で切ったときにあまりの不出来に、散髪屋さんに行ったことがあります。
笑われたけど、それはそれで面白い体験でした。

あると便利、100円ショップで買っといた方がいいもの

手でちぎれるガムテープ
僕は夜中に洗面所で切ってます。
散らかった毛を集めるのに掃除機だとうるさいので、もっぱらガムテで処理してます。
バスタオルなんかについたら、掃除機よりこっちのほうが楽にとれるし。

手でちぎれるガムテ

クリップ
これで髪の毛を挟むと両手が使えるようになるんで、細かいことができます。

ヘアキャッチャー
二人でやるときは、受け皿があると便利です。
ちらかりません。

おうち散髪に使える、切った髪の受け器。100円ショップで購入

青空散髪をしてもらいたい

東南アジアや中国では、青空散髪を見かけます。
無店舗営業です。
あれ、気持ちよさそう。
公園や河川敷でやってもらいたいな。
寒くない日、蚊がいない季節に。